介護福祉士になるためには必要な資格がある?

介護福祉士になりたいのであれば、資格が必要だという事を知っておきましょう。

介護福祉士実務者研修は介護福祉士の試験を受験するために必要な資格であり、さらに介護現場での実務経験も3年必要になりますよ。

最初は無資格だったとしても、介護職員初任者研修や実務者研修の資格は取得しやすいですし、上位資格である介護福祉士の受験を受ける前の基礎的な知識や技術を身につけられるでしょう。

介護職員初任者研修や実務者研修は国家資格ではないため、自分のペースで資格を取得しやすいですし、施設だけでなく自分の家族の介護の時にも活かす事ができるのです。

介護の資格を取得する事によってキャリアアップにも繋がりますので、より専門的で実践的な知識や技術を身につけて介護の現場で役立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。