介護福祉士の国家試験、どこが変更になった?

介護福祉士の国家試験で変更になったポイントについてご紹介いたします。

今までは無資格者が介護福祉士の国家試験を受験するためには実務者研修を年内に修了しなければならないと定められていたため、少なくとも6月末までには実務者研修の申し込みをしておく必要があったのです。

しかし、年内ではなく3月31日までに実務者研修を修了する予定の方も受験できるように変更になった事によって、これまでよりも余裕をもって実務者研修を受けられるようになりました。

介護福祉士の国家試験を合格できたとしても、実務者研修が3月31日までに修了していないと無効になってしまうという事ですから、わすれずに修了しておきましょう。

気になる方は、国家試験のホームページを確認しておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。