介護福祉士の資格に受かるために大切なこととは?

介護福祉士の国家試験に受かりたいなら、まずは介護福祉士の試験について知っておきましょう。

介護福祉士の試験は、ただ闇雲に勉強すればいいというわけではないのです。

合格するためには条件が2つあり、試験の難易度はその年によって異なりますが、それによって合格の基準点も変動するため最低でも総得点の65%くらいを獲得している必要がありますよ。

もう一つの条件として、試験科目は全部で13科目ありますが、11科目で1点以上を獲得している必要があるのです。

どれかの科目で満点を獲得したとしても、他の科目で1点以上獲得できなければ合格はできないので、得意科目だけでなく満遍なく勉強する事が大切ですよ。

試験は、5つの選択肢の中から正しい答えを選ぶという出題形式になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です