食事介助で座る位置

認知症の方の食事介助をしている方は、相手との位置関係を考えて座っていますか?
どの位置からでも介助できれば良いと思ってしまっていると、より大変な介助になってしまう可能性もあります。

認知症の方の食事介助では、食事の仕方を思い出してもらいながら食事をしてもらうのがポイントなのですが、座り方によってその効果に違いが現れます。
直角に座った方が介助をしやすいイメージですが、先ほどのポイントのことを考えると座る位置は横に並んだ方がいいのです。

認知症の方にとっては、横に座って一緒に食事をする方が食事の動作を真似しやすいので、自分で食べ物を口に運んでもらえます。
動作を思い出せないでいるようでしたら、食べ物を口まで運んであげましょう。この時にただ口に運んであげるのではなく、認知症の方の手をとって動作を導いてあげることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事