介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事は日常生活を自立して過ごすことが困難な高齢者に対して、食事や入浴等の介助を行なう仕事です。
一般的に介護福祉士と聞くと高齢者の生活サポートをするというイメージが付きがちですが、身体や精神に障害のある方に対しての生活サポートも介護福祉士の仕事となります。

また、現場で直接介護を行なうだけでなく、介護を行なっているご家族の方に対し、より被介護者と介護者のためになる方法を考えたり、アドバイスしたりする役割も持ち合わせています。

介護福祉士は福祉系の資格で唯一の国家資格ですので、収入的な面でも大きなメリットを得られるでしょう。
ご利用者様が出来ない部分をただ介助するのではなく、出来そうなところは自分の力でやってもらうというように、介助が必要な部分とそうでない部分を見極める能力も求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事