介護福祉士に合格するメリットとは?

介護福祉士は多くある介護の資格の中でも唯一の国家資格なので、一度取得すれば一生使える資格となります。
また事業所によって変わりますが資格手当が貰えるので賃金アップにも繋がり、資格を持っていないまま何年も勤めるよりも良い待遇になることも珍しくないそうです。

更に今後介護業界でスキルアップを目指そうと考えた時に、現場では介護福祉士を持っていないとなれない管理職になる事も出来ますし、ケアマネージャーになろうと考えた時に介護部門の免除を受けることも可能です。

介護福祉士は介護スキルを持っていることの証明にもなるので、今後別の施設に転職使用と考えたときも、選べる施設の幅が広がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事