介護福祉士とヘルパーは何が違うの?

介護の資格にも色々なものがありますが、介護福祉士とヘルパーは具体的に何が違うのか知っていますか?

もっとも分かりやすいのは所有している資格の違いであり、介護福祉士は国家資格なのに対して、ヘルパーは介護職員初任者研修などの認定資格なのです。

ヘルパーの仕事内容は、高齢者が在宅で日常生活を送る事が難しい場合に、身体の介護や炊事などの家事のサポートを行うのですが、広い意味で介護士と言っても介護福祉士の資格を持っているわけではないのだそうです。

介護福祉士の国家資格を持っていると、管理職へのキャリアアップを目指す事ができますし、資格手当を得られる事が多いと言われていますよ。

介護の資格を持つ事によって就職先の選択肢が増えますし、信頼感も得られるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事