老人性難聴とは?試験対策

老人性の難聴も国家試験の問題で出るかもしれませんから、しっかり勉強して対策しておきましょう。

老人性難聴は50歳以上になると高音域の低下が起こって、感音性難聴になるのですが、原因は突発性難聴や音響外傷やウイルス性難聴と同じで内耳や聴神経で聞こえが悪くなるのだそうです。

伝音性難聴は中耳や外耳が原因ですが、慢性中耳炎や滲出性中耳炎により起こるのです。

老人性の難聴は加齢と共にゆっくりと発症していき、両耳の高音域が聞こえにくくなるため聞き取りの能力にも支障をきたすのですが、有効的な治療方法はありません。

語音明瞭度は高くなりますが、症状は急激に悪くなるというわけではありませんので、加齢によるものだということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事