コミュニケーションに大切なラポールって何?

介護福祉士の資格を取得したいなら、コミュニケーションについての知識も必要ですから、今回は人間関係とコミュニケーションの内容について参考にしましょう。

ラポール形成の初期段階で適切な行動として、利用者さんの感情に関心を持つことであり、ラポールとは信頼関係のことであり、対人援助で専門的な援助関係を作る上で必要な関係なのです。

ラポールを築きたいならバイステックの7原則が必要ですから、個別化や需要、意図的な感情の表出や統制された情緒的関与、非審判的な態度や利用者の自己決定、秘密保持を意識して接するようにしましょう。

利用者さんに家族環境を詳しく聞いてみたり、黙って傾聴したり、介護職が自分について詳しく自己紹介したり、何故という質問を繰り返すのは間違いなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事