介護福祉士の試験で覚えておくべきワードとは

福祉の現場で働きたいと考えているなら、人間関係とコミュニケーションについて理解している必要がありますので、資格試験対策の基本的な語句をしっかりと勉強しましょう。

自己覚知とは、自分自身の行動や思考の傾向を客観的に理解することであり、利用者さんに対して偏見を持ったり思い込みがないように大切なことなのです。

ラポールとは利用者さんと援助者が、相互の信頼関係を結んでいるということであり、対人援助関係とは専門的な援助関係を意味しています。

ユニットケアとは、介護職員と利用者さんが介護施設で共同生活をしながら、一人ひとりの身体状況や個性に応じて暮らせるようにサポートする介護手法であり、これにより利用者さんに安心感を与えるなじみの関係を築くことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事