尊厳と自立は介護をする上で大切

介護サービスをご提供する上で、相手の尊厳と自立が大切ですから、利用者さんがその人らしく生活するために何をすべきか考えるようにしましょう。

介護福祉士の国家試験でも、利用者の尊厳を守るという観点で問題を読めば解答することができますので、利用者さんのことを考えながら問題を解いていきましょう。

例えば、軽度の認知症の利用者さんに対して、お金の管理が難しいという場合には訪問介護員はまず最初に地域包括センターに相談する必要があり、介護に関する総合的な相談を行っている機関ですから、福祉の向上のためにも相談しましょう。

民生委員への相談や親族への確認はあまり適切とは言えませんが、地域包括センターへ相談した後に成年後見制度を進めてみるのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事