介護福祉士になるためのルートとは

介護福祉士の資格試験に合格すると、後日合格証が送られてきますが、介護福祉士の試験センターに行って登録を行うことにより、登録証を手に入れることができるのです。

登録の期限がありますから、合格証が届いたらすぐに試験センターに行って忘れずに登録を行う必要がありますよ。

年会費がかかる全国介護福祉士会への登録は任意ですが、登録しておくと研修に参加することができますので、新しい知識を積極的に身につけることができるのです。

近年受験資格が変わったことにより、実務ルートで資格を受ける方は実務者研修が必須になり、実技試験が免除されますので、介護福祉士の資格に興味がある方は参考書などで勉強して資格を取得してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事