利用者の権利を守ることの大切さ

利用者さんと接してサービスを提供する介護職は、利用者さんの権利を尊重することが大切ですから、権利擁護とアドボカシーについて理解しておきましょう。

介護の現場では、認知症の高齢者や寝たきりの高齢者、さらに障害者は、自分の権利を行使することができずに権利が侵害されてしまうことが考えられるのです。

利用者さんの権利を守るためにも、介護福祉士は利用者さんの権利行使の支援や代弁を行って、利用者さんの代わりに権利を主張したり代弁することが期待されています。

アドボカシーとは、利用者さんの権利主張を介護福祉士が代弁するという意味であり、様々な場面で権利の侵害が発生することが考えられますので、利用者さんの現在の生活状況に差別や偏見が無いかをチェックしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事