社会保障制度を理解して試験に挑もう

介護福祉士の資格試験では、介護に関する保障制度についての問題が出題されますので、今回は社会保障制度について学びましょう。

普段、自分たちの生活は自身の責任と努力による自助が基本ですが、突然の怪我や病気、失業や高齢などにより安定した生活が送れなくなってしまった場合には共助や公助が必要なのです。

社会保障では子育て支援を充実させたり、医療や介護サービスの保障の強化を行ったり、年金制度の改善を行うのです。

社会保障には、国民の生活の安定や向上、高所得者から低所得者への所得再分配、経済安定の機能という役割があり、自立した生活を促進させることができるのです。

労働保険には雇用保険と労働者災害補償保険があり、社会保障には子育てや介護などの家庭機能をサポートするという役割がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事