介護福祉士の勉強の仕方

介護福祉士に合格する為に勉強した時間というのは、少ない方なら60時間、多い方ならその倍の120時間というように大きく差があります。
そして合格に必要な最低限な知識を学ぶ為には、独学か否かに関わらず、60時間〜80時間程度が目安とされています。

この通り、効率的に勉強をする為には、とにかく問題を解いていくことが大切だと言えるでしょう。
参考書を読んでから勉強というスタイルをとる方は少なくないと思いますが、効率を考えるなら、参考書を読まないでとにかく過去問を解いていくことに集中してください。

そして過去問を解き終わったら解答の解説を読み内容を深く理解し、それを呼んでも理解できなかった部分に関してのみ参考書を見て理解をするようにします。
介護福祉士の試験の合格率は毎年60%程度はありますので、頻出問題を確実に解けるようにしておくだけでも合格できる可能性が高いです。

過去問をとにかく解いて、時間が余るようでしたら模擬問題を解いてみてもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事