自立を支援するという考え方

介護福祉士を目指しているなら、知っておくべきことがありますので勉強の参考にしましょう。

介護を行なう時に大切なのは、利用者の自立を支援するということがですが、そもそも自立とは、他人などからの援助を受けずに生活するということなのです。

自律とは、他からの制約や支配を受けずに、自分自身で計画を立てて行動することができるということであり、人間は、社会で他人と関わりあいながら生きています。

身体的自立は、日常的な生活動作など体の機能を自由に動かせる状態が望ましく、経済的自立とは、収入などがあることにより、自立した生活を送ることができるという状態が介護では望ましいのです。

社会的自立とは、地域などで社会の一員として、他人との関係を維持することができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事