介護福祉士の役割を知るなら制度を覚えよう

介護福祉士を目指しているなら、介護福祉士の役割や制度を覚えておくことが大切ですから、利用者様の尊厳や自立を支援するためにしっかりと学んでおきましょう。

社会福祉士および介護福祉士法の44条には、介護福祉士は利用者様の尊厳を保持しつつ、自立した生活が送れるように、常に利用者様の立場に立って業務を行なわなければならないという項目があり、試験にも出やすいですから覚えておきましょう。

社会福祉士法は、社会福祉関連の事業における共通的な基本事項と言えますし、高齢者虐待防止法は高齢者の虐待を防止したり、高齢者の権利を擁護することを目的としています。

社会福祉士及び介護福祉士法が、介護福祉士が業務を誠実に行うことを示しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事