介護福祉士、覚えておくべき基礎的な知識4つ

介護福祉士の資格試験に合格したいなら、日頃から過去問や参考書でしっかりと勉強しておくことが大切ですから、今回は介護保険制度の最低限の基礎知識についてご紹介いたします。

介護保険法の制度では、保険者や被保険者といったワードがありますが、保険者とは市町村及び特別区のことであり介護を提供しています。

そのサービスを受けるのが、被保険者である65歳以上の第1号被保険者や、40歳以上65歳未満の第2号被保険者になりますよ。

保険給付や利用者負担も関係しており、要支援や要介護と認定された場合に、介護保険のサービスが提供されるのです。

資格試験ではこのような簡単な問題も出題されることがありますので、基本をしっかりと理解してから試験に臨みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事