介護福祉士の試験で大切な尊厳を理解しよう

介護福祉士の資格を取得したいなら、「尊厳」を理解することが大切ですから、今回は国家試験のポイントについてご紹介いたします。

尊厳とは個人を尊重することであり、現場で介護を行う上で人生の先輩である利用者さんに対して尊敬し、利用者さんらしく生活できるようになるためには、どんな支援が大切かを常に考えることが求められているのです。

人間には色々な面があるということを理解して、身体的な側面や精神的な側面、社会的側面を多面から総合的に見る必要がありますよ。

それを理解した上で問題を解くことで、国家試験の半分は簡単に答えることができるようになるのです。

現場でも相手を尊重することが大切ですから、その気持ちを忘れずに介護を行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事