午前中の試験にオススメの対策とは

介護福祉士の資格試験は1日を通して行われますが、今回は午前中に行われる試験に向けて、合格するためにやっておくべきポイントについてご紹介いたします。

介護福祉士の試験は午前中に1時間50分、午後に1時間50分で合計220分の時間が与えられていて、68問ありますので1問あたりに97秒使うことができますよ。

問1は特に難しいと言われていますので、後回しにして得意な分野から解いていくのがオススメですし、利用者本位の選択肢を選ぶと正解に繋がる可能性が高いです。

自分だったらどうするかという視点で考えて、解答に迷った場合「しない」という選択肢は選ばないようにしましょう。

過去問を解いておくと理解できる問題も多いですから、難しい問題に悩みすぎずに解いていくことも大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事