試験合格には仕掛けに注意?

介護福祉士の資格試験に合格するためには、知識についての勉強だけでなく実技試験に合格するためのポイントを理解しておくことが大切ですよ。

実技試験には必ず何らかの仕掛けがあり、例えばある年の試験では「食事の準備をして、身だしなみを気にしている利用者」に対しての対応について問題を出しています。

この文章だけでは状況がよく分からないかもしれませんが、試験室に入室して初めて、ボタンの掛け間違えやボサボサの髪など利用者の状態を知ることができるのです。

現場では様々な利用者と接する機会があり、予想外のトラブルが発生することも考えられますので、試験官から対応力があるかどうかを見られています。

気づきと緊張せずに取り組むことが大切ですから、臨機応変に実技試験に挑みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事