介護福祉士で最低限やっておきたい学習法

介護福祉士の試験勉強をする際、最低限これさえやっておけば合格の希望がある!という学習方法をご紹介致します。

まず、実用的なものは過去問を解くことなのですが、過去問なら何でも良い訳ではなく、過去3年分の過去問を解くようにしましょう。
これらを数回解いていって、間違えてしまった問題に関してのみ答えを確認していき、最終的に100点以上採れるようになるまで繰り返し行なっていってください。

そして見逃せないのが法改正に関する問題です。
これは毎年ほぼ確実に出題される範囲なので、必ず頭に叩き込んで点を逃さないように抑えておく必要があります。
同様に大切なのが、介護福祉士に関する重要な語句を記憶しておくこととなります。

実際に介護現場で働いている方が有利なのは間違いありませんが、これらのことを的確にこなしていけば、介護が全く未経験であってもそこまで苦労せずに合格できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事