介護福祉士のお仕事

介護の資格には色々な種類がありますが、その中でも介護福祉士はどのような仕事をしているのか知っていますか?

介護福祉士は、日常的な生活をおくる事が困難な人に対して介護(食事や入浴や排泄の介助)を行ったり、介護している家族に対して指導を行います。

本人ができる事とできない事を把握した上で、介護目標を設定して自立のためのサポートを行うのです。

介護福祉士は国家資格であり、利用者のニーズを的確に把握するための洞察力やおおらかな感性や体力が求められる仕事です。

高校卒業後に、介護福祉士を要請する学校に通うか、介護業務を3年以上経験したのち介護福祉士の資格を取得する必要がありますので、福祉関係の施設で介護専門の職員として働きたいとお考えの方はぜひチェックしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事