介護福祉士になるために大切な考え方

介護福祉士は国家資格ですから、とにかく勉強する必要がありますが、必ず合格するためには、2種類の特徴を理解しておくことが大切ですよ。

今まで介護職員として職場で教わったことや経験したこと、さらに社会常識として答えられる問題と、とにかく知識が必要となる問題に分けられるのです。

過去問を見れば解ける問題もあり、回答できる問題も介護職の支援として適切な物を選べという問題が多いですから、問題文を読んでチェックするポイントを抑えておきましょう。

普段から利用者の尊厳を守り、安全で適切な対応をしたり、利用者の自立を促す対応を行うことが大切ですから、回答に至る根拠を理解した上で答えを選択するようにして合格を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事